古民家はどの部分をリフォームすればいいの?

趣のある古民家住宅で暮らしたいと考えているなら、再生するためにリフォームを行うと良いでしょう。

古民家に使われている梁や柱は、年月とともに傷んでしまうと耐震面で問題があるので、補強工事を行うか古材の交換をする必要があります。

古民家は夏の暮らしに合うように作られているので、冬でも暮らせるように床や壁へ断熱リフォームを行うのもオススメです。

古民家に使われている土壁は、断熱効果は期待できませんが調湿性と蓄熱性に優れているので外壁に断熱材を入れる事になりますよ。

古民家の屋根は茅葺きになっている事が多いですが、これを維持するためには費用がかかるので、瓦に変えたり鋼板などによるカバー工法などで軽量化させる事もできるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る