リフォームの契約時、気をつけるべき事とは?

リフォーム業者に依頼して契約する際に気をつけるべきポイントがありますのでご紹介いたします。

リフォームで重要なのは契約書だけでないため、工事請負契約書や工事請負契約約款、見積書や仕上げ表、設計図面の全てに目を通しておく必要があり、内容に納得した上でハンコを押す事が大切ですよ。

料金だけでなく、リフォーム後の補償についても確認しておくと良いでしょう。

契約内容で納得できない部分があるなら、その場で変更や説明を求める事が大切ですし、間違いがあれば修正してもらいましょう。

リフォーム内容によっては高い買い物になりますが、契約書の確認が不十分だとリフォームでトラブルが発生したり、追加費用を請求される事が考えられますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る