リフォームにするか建て替えにするかの選択

住まいを改装する際にはリフォームにするのか建て替えを選択するのか迷ってしまうなめんがあるかと思います。リフォームを選んだが、結果として修繕費がかさんでしまい建て替えの方が安かったということが無いようにしましょう。

リフォームのメリットとしては建築基準法の建ぺい率・容積率の規制が建築当時より厳しくなってしまい今よりもちいさいスペースになってしまう可能性がありますが、リフォームであればそのままの広さを確保できます。

予算の範囲内で、キッチンのみ、寝室のみなど部分的な施工が可能となっています。

しかし地盤が悪く、家屋が傾いている場合等や木造の場合には腐食が進んでいたり、シロアリなどの被害があった場合には建て替えにしたほうが良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る