マンションのリフォームでは個人の所有であり自由にリフォームできる専有部分と所有者全員に権利のある共有部分があり、建物の区分所有などに関する法律に定めらていますので、戸建よりもリフォームに関して制約があります。

個々のマンションで事情がありますので、その制約に則ってリフォームを行わなくてはなりません。マンションリフォームの大原則では専有部分は基本的にOKで、共用部分はやってはいけないということになります。

しかし、マンションの中にはリフォームできる部分と出来ない部分があります。玄関ドア・インターホンや電気容量などで、こういったことがありますので、どこがリフォームできてどこがリフォームできないのかしっかりと確認していくことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る